プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・9歳の孫っち)
実家の母
(と今は亡き父)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:美容と健康
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)
ニッコリ笑顔


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


雨が降ったから水やりはしなくていいか

そう思って一日水やりをさぼると

長く突き出した軒の下にある花が枯れてしまう

この夏はずいぶん可愛い花たちを枯らしてしまった

きっと天国の母が悲しむだろうなぁ

悪いことをしたと後悔しても

枯れてしまった花は二度と元に戻りはしない

「水がほしいよぉ・・・」と口のきけない花たちの

小さな命を絶ってしまった自分が情けない


すぐに忘れて代わりの花を買ってきて

植えてるくせによく言うよなんて言わないで

これでも結構応えてる


ただ最近何をするにも覇気がない

よ~し やったるで!っていう気になれない

ダラダラと生きてる感じがする


やっぱり血を分けた弟が苦しんでると思うと




すぐお腹が下る




痛いだろうなぁ・・・


苦しいだろうなぁ・・・


そんなことばかり考えていると

私まで病気になりそう

ダメな姉だわ

きっとこれも試練なんだろうけど

いらないわ

こんな試練は


It's me....




読んでくれてありがとう

   

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:夫婦
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


いつも笑顔で
人は誰も笑顔で生きる権利があるのです



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


パパリンが夏休みに北陸の友人を訪ねようと思い

電話をかけたそうな


久しぶりだねと挨拶など交わした

すると電話の向こうからにぎやかな音楽が聴こえてきたので

パパリンが聞いた


「カラオケやってんの?」



友人が答えた






「・・・葬式」





読んでくれてありがとう

頼むわパパリン!

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:夫婦
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


先日のことだけど街で車を運転してたら

反対側の車道をかなりのスピードで走っていた自転車が

突然歩道に入り込んだ

そして歩道を走っていた自転車の女子にぶつかって

その女子の自転車は倒れ

溝の縁石で頭の横を強打した女子はそのまま動かない

人が集まってきて誰かが「救急車!」と叫んだ

反対車線を走っていた私には

その子がどうなったかわからないけれど

おかしくない?

自転車が車両扱いって

我々ドライバーにとっても非常に迷惑

ノロノロフラフラ走られたら早く追い越したいけど

対向車がいたら抜くにも抜けない

車道を走ったり歩道を走ったりすれば

歩行者だって危なくてしょうがない


免許の要らない自転車は車両とは違う

信号は無視するし平気で車の前に飛び出すし

自殺行為としか思えないことを平気でやってのける

自転車は「弱者保護」の御旗を掲げて走っている


自転車に乗る人はもっと歩行者と自動車の両方に

気を配って走るべきだと思うし

信号無視などの目に余る違法行為は

罰則を設けてしっかり取り締まってもらいたいものだ


お嫁ちゃんのお母さんにもらった押し花




読んでくれてありがとう

私もたまにはマウンテンバイクに乗るのよ   

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ