プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:美容と健康
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)
ニッコリ笑顔


いつも笑顔で
人は誰も笑顔で生きる権利があるのです



゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


弟が亡くなって一ヶ月が経ちました

二年前には何の病気も無くて

本当に元気にしていたのに

癌って実に怖い病気ですね

癌に魅入られたら死を覚悟しなければならないことも

稀ではありませんもの


悪性リンパ腫というのは特に厄介で

血液に乗って身体中どこに癌ができても

不思議はないということで

弟の場合も脳に腫瘍ができたかと思えば

外から見てもわかるほど大きなコブみたいなのが

首や手や両足のあちこちに現れ

またそれぞれタチが違っていて

ある種の抗がん剤が効くものと

また別の種類の抗がん剤が効くもの

そして放射線が効くものと

色んな種類の癌があるらしいのです

しかも治療の結果を見るまで

効果の程はわからないという

何とも期待しがたい治療に頼るしか方法がありません


そうして色んな治療を試していくうちに

どんどん身体の細胞が破壊されて

白血球も無くなり手の施しようも無くなったのでした


それでも弟は最後まで生きる望みを捨てませんでした

酷い吐き気や発熱の副作用にも耐えて

つらいからと治療を渋ったこともなく

どんな治療も積極的に受け入れていました


どうあっても治りたかったのでしょうね

平均寿命までまだ十年以上もあったのに残念です


そして残された私は初めて知りました

親が亡くなるのは順番だからどこかで諦めもつきます

けれども年下の弟や妹に先に逝かれるのは

本当に本当につらいことです

これは経験してみないとわからない地獄です

この泥沼のような真っ黒な悲しみから

私はいつ解放されるのでしょう


どれほど泣こうがわめこうが

残された私は地に足を付けてしっかりと

生きていくしかないのです


早く元気にな~れ!   あ・た・し



読んでくれてありがとう

↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
5月16日
たった一人の弟が亡くなりました

小さい時から身体の弱い子で
プールはいつも見学
だから大人になってもろくに泳げない

健康は全部私が先に取ってしまったから
子供の頃はいつも私が守ってやりました

勉強しかすることが無かったのか
頭の良い子で
国立大学を出てI〇Mに就職
 
皆さんのパソコンにもしかしたら
弟が開発したプログラムが使われているかも

子供3人に恵まれながらも
離婚して不健康な食生活を送っていましたが
2人の孫娘が可愛くて
自分は幸せだと言っていました


一昨年の8月に悪性リンパ腫が見つかった時
既にステージ4で
余命宣告はされなかったものの
抗がん剤と放射線治療に明け暮れ
身体は徐々に衰弱していきました

お骨上げの時に
3才の孫娘が「ジィジはどこ?」
と聞いたので涙があふれました

その時です
なぜか参列している別れた嫁が
お骨を指さして言ったのです


「ジィジはこれ!」


弟は樹木葬にするそうです


弟よ
どうか安らかに・・・・・



寂しい



↓ポチッと押して頂けますか?
人気ブログランキング




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:夫婦
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


家から車を運転して 独りでお出かけしました

近所の交差点で信号が青だったので直進しようとすると

一方通行の細い道から原付が目の前に飛び出して来て

危うく跳ね飛ばすところ

急ブレーキとクラクションで何とかセーフ

すまんという風に原付のオヤジは

サッと手をあげ脇道へ消えて行きました

何じゃこのくそオヤジ!
  警察に捕まれっ!!




そう思った後で

私は後悔しました



だって・・・


そのくそオヤジ


パパリン  だったのです


魔が差したのか 

ボケたのか

私には二択しか無くて

情けないやら悔しいやらで涙が出てきました

あんなに模範運転をする人が

私の運転を荒っぽいと非難するほど自分は慎重で

違反も事故も無縁と思われるような人がどうして?



帰宅してからパパリンに尋ねると

理由はこうでした


走ったことのない細い道を通りながら

この道はもしかして一方通行じゃないのかなと考えた

大通りに出てみると歩行者用の信号しか無い

(一方通行なのだから信号が無いのは当たり前だけど)

じゃあ左右を確認して出てもいいのだなと思った

その時私の車が来てることに気付かなかった


私も経験があるのですが

車がいないのを確認して通りに出たのに

すぐそばに車が迫っていてヒヤッとしたことって

ありませんか?

これって本当に不思議ですけど

よく見たのに見えてなかったのか

思ったよりハイスピードで車が来たのか

こんな状況下で事故って起きるのかもしれませんね



ともかく苦笑いのパパリンでしたが

苦笑いで済んでラッキーでした


警察にも捕まらなくて良かったです




ピー7
私のブレスレットが大好きだったね


最後まで読んでくれてありがとう

   皆さんも運転は慎重にね

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ