プロフィール

マコト

Author:マコト
☆登場人物☆

(身も心も若作り)
パパリン
(瞳は少年のごとく)
近くに住む息子一家
(息子・お嫁ちゃん・孫っち)
テニスの仲間たちetc. 
そして最愛のピー! 
(日本語と英語を話す天才インコ)


カテゴリー


マコトの活力になるコメント


月別お品書き

み~んな見てね♪

DATE: CATEGORY:夫婦
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


家から車を運転して 独りでお出かけしました

近所の交差点で信号が青だったので直進しようとすると

一方通行の細い道から原付が目の前に飛び出して来て

危うく跳ね飛ばすところ

急ブレーキとクラクションで何とかセーフ

すまんという風に原付のオヤジは

サッと手をあげ脇道へ消えて行きました

何じゃこのくそオヤジ!
  警察に捕まれっ!!




そう思った後で

私は後悔しました



だって・・・


そのくそオヤジ


パパリン  だったのです


魔が差したのか 

ボケたのか

私には二択しか無くて

情けないやら悔しいやらで涙が出てきました

あんなに模範運転をする人が

私の運転を荒っぽいと非難するほど自分は慎重で

違反も事故も無縁と思われるような人がどうして?



帰宅してからパパリンに尋ねると

理由はこうでした


走ったことのない細い道を通りながら

この道はもしかして一方通行じゃないのかなと考えた

大通りに出てみると歩行者用の信号しか無い

(一方通行なのだから信号が無いのは当たり前だけど)

じゃあ左右を確認して出てもいいのだなと思った

その時私の車が来てることに気付かなかった


私も経験があるのですが

車がいないのを確認して通りに出たのに

すぐそばに車が迫っていてヒヤッとしたことって

ありませんか?

これって本当に不思議ですけど

よく見たのに見えてなかったのか

思ったよりハイスピードで車が来たのか

こんな状況下で事故って起きるのかもしれませんね



ともかく苦笑いのパパリンでしたが

苦笑いで済んでラッキーでした


警察にも捕まらなくて良かったです




ピー7
私のブレスレットが大好きだったね


最後まで読んでくれてありがとう

   皆さんも運転は慎重にね

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:自然
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)



さあ!  一緒にす・ま・い・るニッコリ笑顔


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


三重県 鈴鹿の森公園へ

しだれ梅を観に行ってきました


しだれ梅1

満開で大きな木に圧倒されます




しだれ梅3

ライトアップも幻想的でうっとり


カメラの三脚がずらりと並び

梅の精に導かれてシャッターを切っていました



駐車場は広くて我が家のキャンピングカーも楽々駐車


本当に行って良かったです





冥土の土産に







最後まで読んでくれてありがとう

  皆さんも是非一度は・・・冥土の土産に

       また来てね~



↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング




| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:インコのピー
マコト・ワールドへ
ようこそ(´▽`*)
ニッコリ笑顔


[高画質で再生]

桃太郎

[広告] VPS
ピーの動画「桃太郎」を聴いてやってくださいな


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


3月3日の夜

親愛なるピーが虹の橋を渡りました

きっと天国の両親が両手を広げて迎えてくれたことでしょう

3年前にお尻の近くに腫瘍を発見して

病院では余命3ヶ月と宣告されたのに

長い間頑張って生きてくれました

腫瘍を見つけたのはまだ母が元気だった頃で

もうピーは助からないのだと知った時

2人で号泣したものでした


生き死になんて順番はありません

元気だった母が突然亡くなって

涙も枯れ呆然としている私を見て

きっとピーは

「ボクが今死ぬわけにはいかない

これ以上ママに寂しい思いは

させられない」



そう思って頑張って生きてくれたのでしょう

そして母の一周忌が終わったので

もう逝ってもいいかな?って

もうママは大丈夫かな?って

旅立って行ったのだと思います


本当にピーには毎日慰めてもらいました

ピーが亡くなる頃には

身体が首の近くまで腫瘍に覆われ

背中の羽毛は全部抜け落ち

見るのも辛いほどでしたが

毎晩ケージから出たがりしばらく外で遊んで

パパリンの胸の上でまどろむのが日課でした


痛かったでしょう?

辛かったね

うちの子になってくれてありがとう

安らかに眠ってください


ピー2    





↓ポチッと押して帰ってくれるとうれしいな(*´∇`*)
人気ブログランキング


| BLOG TOP |

copyright © なんとなく輝いて all rights reserved.Powered by FC2ブログ